now loading...
エントリー
  • 「生きた教科書」から、
  • 見て、聞いて、学ぶ。
  • だから着実にステップアップできる。
歯科医師
Y.Kさん
スタッフ紹介

求めたのは、一般歯科の経験をイチから積める場所。

まずは入職のきっかけを伺えますか?

以前は総合病院の口腔外科に勤務し、口腔がんや骨折などの治療に当たっていました。そこで約4年経験を積み、患者さんを支える大きなやりがいも感じていたのですが、その一方で長時間勤務や休日出勤などが日常的になり、プライベートが圧迫されるようになりまして……。医療人としてのキャリアと自分らしい暮らしを両立するためにも、一般歯科に転身して再出発しようと考えたのです。

さまざまなクリニックがある中で、英優會に興味を持ったポイントは何だったのでしょう?

一般歯科は未経験でしたので、転職先を探す際にはまず「イチから成長できる環境がある」ことを重視していました。それに「腰を据えてステップアップしたい」とも考えていましたので、定着率や人間関係の良さのひとつの指標として、長期的に勤務している在職者がどの程度いるのかも必ず見ていましたね。

そこで目に留まったのが当法人だったわけですね。

そうです。もちろん他法人でも「未経験OK」というところはありましたが、例えばアシスタントドクターからスタートして一般歯科の基礎スキルから学びなおせる、といった教育環境を整えているのは当法人だけでした。それに10年以上活躍されているベテランの先生も多く、見学や面接で訪れた際の、医院の和気あいあいとして好印象でした。何より柳沢院長との面接で、その落ち着いた人柄や論理的な思考を肌で感じ、「この方から学べば、きっといいドクターになれる」と思えたことも入職の決め手になりましたね。

スタッフ紹介

患者さん一人ひとりに合った治療を目指して。

現在、入職2年目を迎えていますが、どのようにステップアップされてきたのでしょうか?

最初は柳沢院長のアシスタントからスタートしまして、院長の治療法や患者さんとのコミュニケーションの取り方などを付きっきりで見て学ぶ、分からないことは治療後などに質問して覚える、ということを繰り返していきました。また、虫歯の治療であればCR(コンポジットレジン)の充填や造形を整える作業から交代して担当させていただくなど、簡単な業務から徐々にできることを増やしていった形です。

入職前の希望通り、イチから経験を積まれているわけですね。

院長先生の治療中の手さばきや判断のひとつ一つが、私にとっては“生きた教科書”です。それを間近で見せてもらえることは何より大きいと思いますね。最近はメイン担当として患者さんを任されるケースも増えており、保険治療・自費治療どちらも徐々に対応できるようになってきています。

どのような患者さんを担当されているのですか?

私は1日10~20名ほどの患者さんを担当しています。やなぎさわ歯科は駅前、オークヒルズ歯科はショッピングモール内と、それぞれ足を運びやすい立地ということもあり、患者さんの年齢層はお子さんからご年配の方までさまざま。「もう何年も検診を受けていない」という方や難症例の方もいらっしゃいます。
また、柳沢院長がICOI国際口腔インプラント学会指導医・認定医ということもあり、インプラント治療を希望の方も多いので、私たちドクターは多角的な経験を積める環境ですね。

一般歯科で難しいと感じる瞬間はありますか?

「診断」に関しては、常に難しいなと感じています。もちろん教科書どおりの対処というのは頭にはいっているのですが、「ドクターが変われば判断が変わる」といったレベルの微妙な症例も日常的で、当初は「この歯は今手をつけるべきか?」という判断ができなかったのですが、院長の思考を参考にしたり、周囲のベテランドクターに助言をいただいたり。少しずつ引き出しを増やすことで、的確な診断はもちろん、その上で患者さんの意向を踏まえて治療を進める姿勢が身についてきました。

スタッフ紹介

チームワークで治療に取り組む。

育成環境や働きやすさなどの面で、他に魅力を感じている点は?

たとえば治療法で分からないことがあれば、診療時間の後で院長や他のドクターと一緒にごく小さな「症例カンファレンス」を開くこともしばしばですし、毎月定例で勉強会も開かれています。それに衛生士の皆さんの技術がしっかりしていますし、忙しい時でも滅菌専任スタッフがいることで歯科助手さんがアシストに集中にできるなど、治療にチームワークで取り組みやすい環境が整っている点も嬉しいポイントですね。

チームワークは大事ですね。

スタッフ同士の仲がいい上に残業も少ないので、スタッフと一緒に食事や買い物をしてから帰る、といった楽しい時間も増えました(笑)。

今後の目標などはありますか?

ようやく一般的な治療ができるようになってきたので、一つひとつの治療法の精度をもっと高めるのはもちろん、知識を増やし患者さんに提示できる選択肢の幅も増やしていきたいと思っています。それに前職で培った外科処置のスキルも生かしながら、将来はインプラント治療の経験も重ねていけたらと考えています。

では最後に、エントリーを検討されている方にメッセージをお願いします。

当法人は、柳沢院長をはじめ知識豊富な勤務医が数多く集まっています。それに、患者さんにとってプラスになるような新しい治療方法をどんどん取り入れていこうという風土もありますので、スキルアップしたい方やチャレンジ精神あふれる方には最適な環境だと思います!

他のスタッフをみる

ページトップへ